小野洋蘭果樹園TOPページ あっくすおりがみ さくらんぼ狩り 販売ページ 園主のブログ 南アルプスファームフィールドトリップ 南アルプス紹介ブログ
南アルプス市はこんなまち
南アルプス市は日本第二の高峰北岳(3193m)を持つ
山梨県の富士川西岸に位置する市で
人口は約7万人です。
芦安温泉郷や南アルプスの山岳観光の玄関口として
4月の桃源郷マラソン6月のさくらんぼ狩り、7月8月の桃
秋はブドウ冬にはあんぽ柿枯露柿など四季を通じ果物の収穫が楽しめます。
またスモモの生産は日本一を誇り、貴陽・李王など南アルプスで生まれた
品種もあります。

山梨に観光でお越しの際には、南アルプスにも足を運んでみてくださいね。

将棋頭(白根将棋頭)武田信玄の信玄堤遺跡
将棋頭(白根将棋頭)は武田信玄の行った有名な治水事業である信玄堤の遺跡の一つです。
普通信玄堤というと、富士川と御勅使川の合流地点に設けられた、
現信玄橋のたもとに作られた堤防をさすことが多いのですが、ここも広い意味で信玄堤の重要な一要素になります。
将棋頭
この将棋頭、堤防の形が将棋の駒の頭の形をしているのでこのような名前がつけられたのですが、この堤防には大きな目的があります。
それは、南アルプスの芦安地区より流れでる御勅使川(みだいがわ)の流れを2つに分けて
川の流れの本流を北東側に向けようというものです。

なぜ川の流れを2つに分けようとしたかというと、武田信玄の時代の御勅使川の流れは
今の御勅使川よりも南側を流れ、ちょうど県道20号線から、信玄橋を通るルートを流れていたんです。
このルートで大雨が降ると、地図でみるとわかると思いますが、
南下してくる富士川の水流の流れを東方向に押す力となって働き、
非常に洪水を引き起こしやすくなるのです。
川の流れ
そこで、武田信玄さんは、この将棋頭の上流部分の南側に堤防を築き
御勅使川が南側に氾濫しないように、流れをできるだけ北東側に流れるようにしたんだけれど
これが石積出しと呼ばれる堤防遺跡になります。
そして、この将棋頭という堤防で、御勅使川の本流を北側に流す事にしたわけです。
今までの御勅使川は支流にして、大水が出たときには、支流に分岐させる事で、水量の調節機能も持たせようとしたわけですね。
こうすることで、旧御勅使川(前御勅使川と呼びます)の合流地点より北側にある大きな崖(通称高岩)にぶつける事で、流れのエネルギーを反発させ、跳ね返って西側に向ったエネルギーは、前御勅使川の流れとぶつけて相殺させてしまおうという、
水をもって水を制す甲州流水防術を編み出ししました。
御勅使川の流れ方説明
ちなみにこの考え方は武田信玄独自のアイデアというより
中国の世界遺産でもある、世界最古の水利施設都江堰にヒントを得たものと言われています。
だからなんだというのではなく、
そのような水利施設の利用方法を、戦国時代のしかも都の中心地でもない甲斐の国の国主が何で知っていたのか、さらにその技術を応用して、何故武田信玄はこんな大事業を起こしたのかということですね。
なにしろ、河の流路を変えて、氾濫時の洪水リスクを提言する。
洪水時に水のエネルギーを分散、相殺するシステムと、
平常時には生活・農業用水として利用するシステムを作る。

当時の武田信玄がいかに海外の知識をすでに持っていたかという証拠でもありますね。
将棋頭の場所はこちらです。
白根将棋頭
author:あっくすおじさん, category:風林火山武田信玄ゆかりの話題, 17:16
comments(0), trackbacks(2), pookmark
口コミやコメントはこちらへ









トラックバックでつながる
url: http://shitteta.jugem.jp/trackback/3
将棋
将棋について書かれた…
将棋, 2007/03/22 2:55 AM
山梨県限定です!
アクセスアップの為の新しいリンク集を作りました
山梨県限定リンク集 GO!, 2007/03/23 9:05 PM