小野洋蘭果樹園TOPページ あっくすおりがみ さくらんぼ狩り 販売ページ 園主のブログ 南アルプスファームフィールドトリップ 南アルプス紹介ブログ
南アルプス市はこんなまち
南アルプス市は日本第二の高峰北岳(3193m)を持つ
山梨県の富士川西岸に位置する市で
人口は約7万人です。
芦安温泉郷や南アルプスの山岳観光の玄関口として
4月の桃源郷マラソン6月のさくらんぼ狩り、7月8月の桃
秋はブドウ冬にはあんぽ柿枯露柿など四季を通じ果物の収穫が楽しめます。
またスモモの生産は日本一を誇り、貴陽・李王など南アルプスで生まれた
品種もあります。

山梨に観光でお越しの際には、南アルプスにも足を運んでみてくださいね。

小笠原礼法の祖は小笠原小学校より始まる。
小笠原礼法の祖は小笠原小学校より始まる。
小笠原礼法の祖は小笠原小学校より始まる
南アルプス市の市役所が置かれている、旧櫛形町の小笠原地区
この小笠原は、小笠原諸島の小笠原であり、小笠原流礼法、小笠原流弓術、小笠原流流鏑馬、さらに小笠原流茶道など、日本の礼法の基本となる小笠原流を作った祖先である
小笠原長清が、この小笠原小学校のあたりに住まいを構えていたとされている。
それにちなんでか、この小笠原小学校の壁面には、流鏑馬を行う武者姿が見事に描かれている。

この小笠原長清は鎌倉幕府を開いた源頼朝の弓の先生だった人でもある。

山梨は後に武田家が勢力を得るが、小笠原氏は信濃の守護として発展し、徳川時代も大名として続く。また幕府の弓馬術の指南として、つねに重要な役割を占めることとなる。
南アルプスより出た小笠原氏は山梨発の隠れた偉人でもあるのだ

ちなみに東京都の小笠原諸島は、小笠原長清の孫、小笠原貞頼により発見されたことによりつけられた名称だが、この東京都小笠原村と南アルプス市は、この縁もあり、姉妹都市提携が行われている。

JUGEMテーマ:地域/ローカル


author:あっくすおじさん, category:南アルプスの施設, 00:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
口コミやコメントはこちらへ









トラックバックでつながる
url: http://shitteta.jugem.jp/trackback/40